2008年7月31日木曜日

第8回「守る会」寄り合い+第3回夏まつり実行委員会のお知らせ

■第8回 みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会 寄り合い 宮下公園を守るためにできることを考えてみませんか? 多くの人のご参加をお待ちしています。 日程:8月1日(金) 時間:19:00~20:00 場所:東京都児童館入口前 地図:http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/jidou/shisetsu/riyou.html#2 ■第3回夏まつり実行委員会 8月に開催する夏まつりに向けての3回目の集まりです。 みんなで一緒におまつりを作っていきましょう。ぜひご参加ください。 日程:8月1日(金) 時間:20:00~21:00 場所:東京都児童館入口前 地図:http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/jidou/shisetsu/riyou.html#2

2008年7月29日火曜日

みんなのメッセージ

皆様から多くのメッセージが寄せられています。ありがとうございます! メッセージは随時更新していきますので、どうぞご覧ください。 「公園で暮らす人の生活を破壊するナイキ化には反対です。」(攝津正) "I have been reading your reason to protect Miyashita Park Becoming Nike Park and I found it full of right, therefore, I manifest my solidarity to your cause. Its seems to be a social and historical park that identify your life's. in these sence, should be recommendable to respect the social and historical impact of that park leaving it as Miyashita Park, therefore I would like to end saying "NO MONEY, NO FUN, NIKE PARK IS WRONG, Let history be preserved!"(Albino Forquilha) 「公共空間は、あらゆる立場の人々に開かれていてこそ、豊かなものになることができます。一企業の運営に委ねられてしまったならば、その大前提が掘り崩されてしまうことは、火を見るより明らかです。それは、公共空間そして公共性の死を意味します。よって、ナイキによる公園の私営化に対して反対します。そして、公園の運営が、それを必要とする人々の対話によって実現されることを、切に望みます。」(原口剛) 「みんなが自由に使える公園が有料になって、公園という名の商業施設になるということは、公園を使う人が限られてくるということです。みんなの公園ではなくなります。それは街にとって、長い目で見たらとってもとっても!!もったいないことですよ。渋谷のような大都会にこそ、自由な公園が必要なのです。」(西口 陽子) 「私はただ座っていたいだけ。宮下公園はそれができる貴重な場所です。何かをしてくれると言うのなら、ただ何もしないでいられる場所を残しておいてください。」(篠崎智子) 「行政の力で計画的な排除を断固反対します。」(神田修) 「渋谷で育ちました。今でも家族が住んでいます。宮下公園にはよく行きます。はでさはないけど、あの線路ぞいにながーくあるのがいいんですね。渋谷の喧噪とすぐそばなのにほっとします。まったりとすごせます。 いつだったかサウンドデモという形のデモの前の集会では、細長い公園のあちこちにいろいろな「溜まり」ができて、こんな使い方もあるのかとうれしかったです。縁日とかもできそう。 渋谷区はなぜ公園までも「民営化」しようとするのか?確かに駅近くてお金もうけをするのにはいいのかもしれませんが、公園までもお金を払う施設になったら、今までそこを利用してた人たちは行くところがありません。「ナイキ」のイメージもすっかり悪くなった。 宮下公園はみんなのものです。このままの形(できればしきられたフットサル?場)もない、以前の形にもどしてほしいです。」(京極紀子) 「渋谷駅前のスターバックスは、その店舗での売り上げよりも、人通りが多く、図らずとも様々なメディアに登場できてしまえる場所に、店舗をデカデカと構える事での宣伝効果を狙って、あそこに作られた、と言われています。 おそらく、今回の「ナイキ公園」も、同じような狙いがあるのでしょう。なので、いくらフットサル場だのカフェだのを設けるのだとしても、それはただの立体的なナイキの広告だと考えていいと思います。「ナイキ公園」の利用者は、自分が「利用している」つもりであっても、実際は、ナイキの広告のエキストラとして無賃労働させられてしまうことになる、どころか、逆にお金を払わされてしまう。もし、「ナイキ公園」なるものを作りたいのであれば、ナイキは施設利用者に賃金を支払うべきです。 大企業のなりふり構わぬ利益追求のおかげで、人が労働させられることもなく、ただその人として、ノホホンと在ることの出来る場所が、自分の親しみのある地域で、次々に奪われていくことに腹が立っています。 宮下公園のナイキ化計画に大反対です。」(成田圭祐/IRREGULAR RHYTHM ASYLUM) 「ナイキ公園に反対する理由は、大勢の非と行き交う渋谷という場所を、渋谷という場所に関わる人間をほんとうに大事したいと思ったからです。 ナイキ公園にしてしまえば、そのときは儲かるかもしれません。しかし、その土地が培ってきた地縁やコミュニティという目に見えない、お金では数えられない財産をまた一つほんとうに失ってしまいます。 たとえば。かつてバブルと呼ばれる時代に多くの高層マンションやアパートを建て、その結果多くの公園や空き地が日本の企業によって潰されてゆきました。 しかしそのうちどれだけのマンションが実際に住まわれ、人々に愛されてきたでしょうか。その多くが投資目的であって、しかも今となっては売ることすらままならない資産と化しているのが現状です。そして地域の人間が集う場所を減らすことで地域の力をますますそぎ落としていくのです。 ナイキ公園に反対する理由は上のような80年代の失敗を繰り返すことを避けたいからです。 目に見えない人とのかかわりをこわしたくないからです。 空き地を壊すのは森を壊すのと同じくらい酷いことです。空き地はその地域の人間関係をつなぐ磁場の役割を果たしているのです。 この問題に対して、渋谷に住む人達、渋谷を訪れる人はどうか注目してほしいと思います。」(栗田隆子/有限責任事業組合フリーターズフリー) 「公園はみんなのものだ!一企業が、独占するのを許さないぞ!」(大竹香奈子/女性ユニオン東京) 「渋谷駅の周りを歩いて唯一オアシスと言える公園をナイキに好きなようにしたとして必ず数年後後悔することになる。渋谷区は宮下公園だけでなく、その周辺も含めもっと真剣に考える必要がある。」(by 戸田) 「都内に立入禁止の空間が増殖して行くSF的空想を刺激されたりします。取り敢えず金を払わ無ければ入れ無い場所の何処が「公」園なのでしょうか。」 「宮下公園は地域社会のもの、そして現在、野宿生活をせざるを得ない人たちの避難所です。野宿生活をしている人々は、怠惰や好みで宮下公園を利用しているのではなく、ぎりぎりの選択で利用せざるをえないのだと思います。その生活の場を奪うのは人道にもとる行為です。野宿生活者には、公助によるシェルターなど、今後さまざまな支援が必要です。  しかし、宮下公園が、いつでも誰でも利用可能な憩いの場であることを変えてはいけません。特に公共の場が、区民の意志を反映しないまま、一企業の利益追求の手段になることは許せません。ナイキが介入しなくても、宮下公園で健全なスポーツを行なえることを区は目指すべきです。よって、私は「みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会」の趣旨に賛同し、宮下公園を利用制限のある公園ではなく、みんなが利用できる公園であることを望みます。」(松本美香子/大学院生) 「最近、立場の違う人は、話し合うどころか出会うチャンスさえなくなってる気がします。会社員、市民活動家、野宿者、学生、母親、老人、子ども・・・いろんなひとが共有できる公園の貴重さは、なくして気がつくのでは遅すぎる。公共空間なしに、都市も民主主義も存在できません。」(本山央子/アジア女性資料センター事務局長) ------------------------------------------------------------------------ 8月12日追加: 「公共空間を私物化する権利は誰にもありはしない。勝手な真似は許されない。ナイキと渋谷区がやろうとしていることは犯罪である。犯罪者は法廷で裁かれるであろう」(井形和正) "nike - just don´t do it!!!" (Benjamin Richter/UeberPartei) "Park is a free space! A park is a home! A park is for the people!" (Siggy/Dissent! Germany) "No to the corporatization of public spaces! City belongs to the multitude! Reclaim the streets!" (Ignacio J Minam) "Parks are some of the only green & free public spaces in cities. They should be preserved and managed by citizen groups, not sold to large corporations at a profit by political elites. The actions of Shibuya and its mayor, as well as Nike's complicity in this deal, are sociopathic attacks on the public commons. I express my solidarity towards keeping the park free and run by the public for the public." (Jamie Bartels) "ALL THE BET AND KEEP IN TOUCH LIVE , LOVE & LAUGH." (Mike/Unimandal collective) ------------------------------------------------------------------------ 9月21日追加: 「どこへ行ってもお金がなければ立ち止まることさえ出来ないなんて、おかしな話だと思います。ただでさえどこへ行っても自由になれない社会なのに。ありとあらゆる空間という空間を商業的にするなんて許し難いことです。」(山下恵里奈/大学生) ------------------------------------------------------------------------

共同声明の賛同が394人(団体含む)に!

宮下公園をナイキ化計画から守るための共同声明への賛同が、357名(個人)と37団体まで増えました!共同声明の一次締め切りは本日いっぱいです。どうぞよろしくお願いします。 ■宮下公園をナイキ化計画から守るための共同声明 http://minnanokouenn.blogspot.com/2008/07/blog-post.html ■7月29日(火)現在の賛同個人・賛同団体はこちら: (お名前を一部書き起こせなかった方がいらっしゃいます。自分の名前がない!という方は、大変申しわけありませんが、ご一報いただければ幸いです。) ●賛同個人 小倉利丸(大学教員)/松原明(ビデオプレス)/内田眞人(会社員)/鈴木園巳/丸橋修二(会社員)/下川雅嗣(上智大学教員)/安藤丈将/日野正美(電通労組)/鶴田(DP研)/江上賢一郎(学生)/首藤久美子/橋本陽介/池田幸代/米谷匡史(東京外大教員)/高橋梓(東京外大院生)/申知瑛(東京外大院生)/堅田香織里(学生)/浜邦彦(早稲田大学教員)/清水知子(筑波大学)/大野英士(早稲田大学他教員)/今岡雅依子/大林智(編集)/二木信(ライター)/渡辺英治(院生)/早尾貴紀(非常勤講師)/本宮康博(Attac Japan)/三輪俊子/関根史和/鳥羽みさを/高野聡/山本アンナ(保育士)/北嶋教行/八木航/橘優子/中野英幸/野村洋子/茂住衛/児島博樹(大学院生)/荻野浩毅(学生)/武藤康平(学生)/谷口清彦(院生)/久保田光盛(金光教職員)/吉住亜矢/大谷崇(大学非常勤講師)/樫村愛子(大学教員)/山下敦/田崎英明(立教大学教員)/五井健太郎/氏家芙由子/戸田和博/植田那美(研究員)/藤井枝里/萬屋真澄(団体職員)/岩下結(会社員)/北浦学(会社員)/竹内絢(NGO職員)/石丸敏子(アルバイト)/佐藤憲一(WPN 盗聴法に反対する市民連絡会)/井形和正(一橋大学大学院生)/いちむらみさこ(エノアール)/遠藤学(宮下梁山泊会長)/国富建治(反安保実)/小川哲生(246表現者会議発起人)/植松青児(労働者)/久保田光盛(宗教家)/木谷公士郎(司法書士)/松本真紀子(連連影展FAV)/小暮康久(イエズス会社会司牧センター)/栗田隆子(有限責任事業組合フリーターズフリー)/穂坂光彦(日本福祉大学教員)/湯浅誠(NPO法人自立生活サポートセンター・もやい事務局長/反貧困ネットワーク事務局長)/伊従直子/Teodoro R. Anana(Urban Poor Associates)/星将隆(三多摩野宿者人権ネットワーク代表)/ルセンコ・レイナ/藤本/橋本正彦(生・労働運動ネット)/大地実(レイバーネット日本)/小島正之(部落史研究者)/川音勉(沖縄文化講座)/井田一郎(関東連帯ユニオン)/勝間田翔(フリーター全般労組GSU)/八木航/攝津正(PAFF)/勝邦宏(中野夜回りの会)/あらし/一之瀬望(ケースワーカー)/嶋田頼一(労働者)/樋口拓郎(キッチン・アクティビスト)/中條千晴(フリーター)/中條真人(フリーター)/中條千尋(教職員)/中條吉博(教職員)/山口直(連帯労働者組合)/中島千枝子/山田(黒い旅団・団長)/都立文京高校定時制の退学処分を絶対許さない会/中野由紀子(旗旗舎・東京)/楠木信浩(団体職員)/久保田光盛(宗教家)/森本幸恵/荒川博(建設業)/八木雅一(建設業)/水本政近(建設業)/柳藤矢(建設業)/熊田操/田野新一(学生)/おがわ しょうた(学生)/藤井光(現代美術家)/コノウラミツタカ(観光左翼)/松井優樹(アーティスト)/西池恵美子(会社員)/金子大悟(246表現者会議)/田坂博子(processart)/高橋健一(無職)/佐久間直(無)/武盾一郎(現代美術作家)/原島康晴(編集者)/金子憲二(アニメーション背景美術)/中郡千尋(派遣社員)/Daniel Cairns(Beihang University)/Choi Gangman(Publisher)/小川恭平(キョートット出版)/しばこ(介助労働者)/石崎(フリーター)/松田景子(フリーター)/大橋光則(フリーター)/藤原夏来((株)ぷらん・にじゅういち)/阿部浩一(NGO職員)/京極紀子(元渋谷区民)/猪瀬浩平(見沼・風の学校事務局・明治学院大学教員)/Jeff Wong(Four Regions Slum Network)/木村正人(早稲田大学)/渥美昌純(渋谷区民)/山口創一(連帯労働者組合・ジャレコ)/菊池淳司(連帯運動者組合・ナトレーザ)/大谷久(連帯労働者組合・大道測量)/森(教育社労働組合)/坪田忠之(連帯労働者組合)/萬崎利枝(連帯・声の教育社)/長谷川幸枝(教育社労働組合)/和泉亮(書籍輸入)/松丸健二(原発いらない!ちば)/宮地香奈(会社員)/鈴木隆弘(大学教員)/大谷隆夫(日本キリスト教団牧師)/柏原登希子(ふぇみん編集部)/大束愛子(ふぇみん)/辻田之子(金城実事務局)/菅原充子/斎藤貴男(ジャーナリスト)/秋本陽子(中野区在住)/中島雅一(ウリージャパン)/西口陽子(会社員)/中桐康介(長居公園仲間の会)/藤井克彦(ソーシャルワーカー)/佐藤修三(三多摩自由労働者組合)/Albino Forquilha(FOMICRES)/木下忠親(連帯労働者組合)/安田夏幸(連帯労働者組合)/安田信子(連帯労働者組合)/嘉陽ひろ子(連帯労働者組合)/星野まり子(連帯労働者組合)/安藤勇(イエズス会社会司牧センター)/柴田幸範(イエズス会社会司牧センター)/ビンセンテ・ボネット(上智大学名誉教授)/山田經三(上智大学名誉教授)/光延一郎(上智大学教員)/小山英之(上智大学教員)/ホアン・アイダル(上智大学教員)/バンバン・ルディアント/ハインリッヒ・ヨキエル/柴田潔/中井淳/中村訓子(ほしのいえ)/細野秀太郎(渋谷区民)/永田淳(書店)/内山智絵(東京都地域精神医療業務研究会)/杉田真衣(大学院生)/倉戸ミカ(横浜YWCA会長)/本山央子(アジア女性資料センター事務局長)/佐藤斉華(帝京大学・講師)/張領太(在日朝鮮人)/佐藤零郎(闘う映画監督見習い)/安福奈津子(旅人)/小野等/ナニボウ(ミュージック)/よしだぽん太(ライター)/くま(NPO)/浦田晴夫(路上と大学をむすぶ有志連絡会)/LEBLANC Yann(Student)/LALEV Philille(ARTIST)/眞部猪一(会社社長)/柳田亮(ヘルパー)/廣川沙羅(図書館員)/廣川暁生(学芸員)/伊藤みどり(働く女性の全国センター)/齋藤草(美大生)/鶴見済(ライター)/桑畑洋一郎(大学院生)/内野端樹(アナーコパンクス)/青柳行信(NGO人権・正義と平和連帯フォーラム・代表)/小浜富美代(カトリック修道女)/佐藤斉華(帝京大学・講師)/本山央子(アジア女性資料センター事務局長)/倉戸ミカ(横浜YWCA会長)/杉田真衣(大学院生)/大竹香奈子(女性ユニオン東京)/前田年昭(編集・校正者)/高木澄子/原口剛/篠崎智子/三田村伸(一介の労働者)/小田マサノリ(イルコモンズ)/宮城幸一(自営業)/石佛一之(人間)/園良太(編集者/憲法カフェ/フリーター労組)/成田圭祐(IRREGULAR RHYTHM ASYLUM)/山本創(難病をもつ人の地域自立生活を確立する会)/伊藤暁(アナキスト・フットボーラー)/山川宗則/吉田香織/丸山里美/美野武三(スポーツ愛好家)/犬川犬夫(演出家)/チョン ヒョナン/櫻田和也(remo)/金友子(立命館大学コリア研究センター研究員)/畠中梨津子(rabi)/ばるばら(ALTERNATIBE DISTRIBUTION/ANARCHO GRRRL PUNK NETWORK)/松本美香子(大学院生)/後藤あゆみ(学生)/内山かんな(事務職)/犬伏正好/鴇田昭裕(福祉職)/山西麻依(大阪市立大学院生)/本山央子(アジア女性資料センター事務局長)/町泰樹(大学院生)/瀬本正之(上智大学教員)/田渕文男/塩谷恵策/小坂一代/香川澄子/荒井外志子/岡安詔子/宮川睦子/岡晃子/以上357名(非公開133名) ●賛同団体 Urban Poor Associates (Philippine)/Shelter for the poor (Bangladesh)/Habitat International Coalition/Four Regions Slum Network (Thailand)/都立文京高校定時制の退学処分を絶対許さない会/釜ヶ崎医療連絡会議/Habitat International Coalition (Chile)/FOMICRES (Mozambican Force for Crime Investigation and Social Reintegration) /NPO法人 神戸の冬を支える会/夜回り三鷹/笹島診療所/釜ヶ崎パトロールの会/高齢者特別就労組合準備会/山谷労働者福祉会館活動委員会/日雇全協山谷争議団/反失業闘争実行委員会/在日アジア労働者と共に闘う会/イエズス会社会司牧センター/フードバンク/ほしのいえ/反失業闘争実行委員会/東アジア反日武装戦線への死刑・重刑攻撃とたたかう支援連絡会議/統一獄中者組合/東京拘置所のそばで死刑について考える会(そばの会)/A-menace collective/NGO人権・正義と平和連帯フォーラム/連帯影展FAV/RAGE&FOOTBALL COLLECTIVE/抵抗食の会(仮)/日雇全協寿日雇い労働者組合/寿炊き出しの会/アジア女性資料センター/南部地区労働者交流会/品川臨職共闘/東京南部労働者組合/東京南部労働者組合・R/R闘争を支える会/東京ふじせ企画労働者組合/ふじせ闘争支援共闘会議/以上37団体

2008年7月27日日曜日

みんなの宮下公園の絵

昨日今日のお昼前後、 美竹公園でみんなでお絵かきワークショップをしました。 児童館に行く子供達が、ワイワイと理想の公園を描いてくれました。 ステキな絵ができましたよー! これらの絵、一見何を描いているのかわかりにくいモノが多いのですが、 本人に「描いているのはなーに?」と、尋ねてみると、 森、虫、花、雲、池、滑り台、ゾウ!、海?!、オリオン座??!!。 スゴいです。 私は子供達から公共や共有を改めて学びました。 また、保護者の方々にも、この宮下公園の危機や守る会のことを、ゆっくり話せ たこともとてもよかったです。 呼びかけ文は、以下のものです。 参加されたみなさん、お疲れ様でした。 ――――― <みんなの公園が危機!?>  渋谷駅から明治通りを原宿方面へ行くとすぐ、 駐車場の二階に宮下公園があります。 そこが、一企業と一部の区議によって、 スケボー場やロッククライミング場、 オープンカフェなどを新設し、 有料の商業スペースとして転換しようとしています。   <「こんな公園がいいな」を描こう!> こで、誰もが創造でき、 自由に出入りできるみんなの公園を守るために、 一枚の宮下公園の平面図に、 それぞれの理想の公園を描き込むワークショップを開きます。 そうして「みんなの宮下公園」の絵を仕上げます。 どんな公園になるか、 楽しみですね。 <私たちの理想の公園はコレだ!> 描きあがった「みんなの宮下公園」の絵は 7月30日に宮下公園で開かれる、 みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会の記者会見で展示する予定です。 そこで、私たちの理想の宮下公園はコレです!と発表しましょう。

共同声明の賛同が332人(団体含む)に!

宮下公園をナイキ化計画から守るための共同声明への賛同が、ついに307名(個人)と25団体になりました!共同声明の一次締め切りは記者会見前日の7月29日(火)です。直前までどうぞよろしくお願いします。 ■宮下公園をナイキ化計画から守るための共同声明 http://minnanokouenn.blogspot.com/2008/07/blog-post.html ■7月27日(日)現在の賛同個人・賛同団体はこちら: (お名前を一部書き起こせなかった方がいらっしゃいます。自分の名前がない!という方は、大変申しわけありませんが、ご一報いただければ幸いです。) ●賛同個人 小倉利丸(大学教員)/松原明(ビデオプレス)/内田眞人(会社員)/鈴木園巳/丸橋修二(会社員)/下川雅嗣(上智大学教員)/安藤丈将/日野正美(電通労組)/鶴田(DP研)/江上賢一郎(学生)/首藤久美子/橋本陽介/池田幸代/米谷匡史(東京外大教員)/高橋梓(東京外大院生)/申知瑛(東京外大院生)/堅田香織里(学生)/浜邦彦(早稲田大学教員)/清水知子(筑波大学)/大野英士(早稲田大学他教員)/今岡雅依子/大林智(編集)/二木信(ライター)/渡辺英治(院生)/早尾貴紀(非常勤講師)/本宮康博(Attac Japan)/三輪俊子/関根史和/鳥羽みさを/高野聡/山本アンナ(保育士)/北嶋教行/八木航/橘優子/中野英幸/野村洋子/茂住衛/児島博樹(大学院生)/荻野浩毅(学生)/武藤康平(学生)/谷口清彦(院生)/久保田光盛(金光教職員)/吉住亜矢/大谷崇(大学非常勤講師)/樫村愛子(大学教員)/山下敦/田崎英明(立教大学教員)/五井健太郎/氏家芙由子/戸田和博/植田那美(研究員)/藤井枝里/萬屋真澄(団体職員)/岩下結(会社員)/北浦学(会社員)/竹内絢(NGO職員)/石丸敏子(アルバイト)/佐藤憲一(WPN 盗聴法に反対する市民連絡会)/井形和正(一橋大学大学院生)/いちむらみさこ(エノアール)/遠藤学(宮下梁山泊会長)/国富建治(反安保実)/小川哲生(246表現者会議発起人)/植松青児(労働者)/久保田光盛(宗教家)/木谷公士郎(司法書士)/松本真紀子(連連影展FAV)/小暮康久(イエズス会社会司牧センター)/栗田隆子(有限責任事業組合フリーターズフリー)/穂坂光彦(日本福祉大学教員)/湯浅誠(NPO法人自立生活サポートセンター・もやい事務局長/反貧困ネットワーク事務局長)/伊従直子/Teodoro R. Anana(Urban Poor Associates)/星将隆(三多摩野宿者人権ネットワーク代表)/ルセンコ・レイナ/藤本/橋本正彦(生・労働運動ネット)/大地実(レイバーネット日本)/小島正之(部落史研究者)/川音勉(沖縄文化講座)/井田一郎(関東連帯ユニオン)/勝間田翔(フリーター全般労組GSU)/八木航/攝津正(PAFF)/勝邦宏(中野夜回りの会)/あらし/一之瀬望(ケースワーカー)/嶋田頼一(労働者)/樋口拓郎(キッチン・アクティビスト)/中條千晴(フリーター)/中條真人(フリーター)/中條千尋(教職員)/中條吉博(教職員)/山口直(連帯労働者組合)/中島千枝子/山田(黒い旅団・団長)/都立文京高校定時制の退学処分を絶対許さない会/中野由紀子(旗旗舎・東京)/楠木信浩(団体職員)/久保田光盛(宗教家)/森本幸恵/荒川博(建設業)/八木雅一(建設業)/水本政近(建設業)/柳藤矢(建設業)/熊田操/田野新一(学生)/おがわ しょうた(学生)/藤井光(現代美術家)/コノウラミツタカ(観光左翼)/松井優樹(アーティスト)/西池恵美子(会社員)/金子大悟(246表現者会議)/田坂博子(processart)/高橋健一(無職)/佐久間直(無)/武盾一郎(現代美術作家)/原島康晴(編集者)/金子憲二(アニメーション背景美術)/中郡千尋(派遣社員)/Daniel Cairns(Beihang University)/Choi Gangman(Publisher)/小川恭平(キョートット出版)/しばこ(介助労働者)/石崎(フリーター)/松田景子(フリーター)/大橋光則(フリーター)/藤原夏来((株)ぷらん・にじゅういち)/阿部浩一(NGO職員)/京極紀子(元渋谷区民)/猪瀬浩平(見沼・風の学校事務局・明治学院大学教員)/Jeff Wong(Four Regions Slum Network)/木村正人(早稲田大学)/渥美昌純(渋谷区民)/山口創一(連帯労働者組合・ジャレコ)/菊池淳司(連帯運動者組合・ナトレーザ)/大谷久(連帯労働者組合・大道測量)/森(教育社労働組合)/坪田忠之(連帯労働者組合)/萬崎利枝(連帯・声の教育社)/長谷川幸枝(教育社労働組合)/和泉亮(書籍輸入)/松丸健二(原発いらない!ちば)/宮地香奈(会社員)/鈴木隆弘(大学教員)/大谷隆夫(日本キリスト教団牧師)/柏原登希子(ふぇみん編集部)/大束愛子(ふぇみん)/辻田之子(金城実事務局)/菅原充子/斎藤貴男(ジャーナリスト)/秋本陽子(中野区在住)/中島雅一(ウリージャパン)/西口陽子(会社員)/中桐康介(長居公園仲間の会)/藤井克彦(ソーシャルワーカー)/佐藤修三(三多摩自由労働者組合)/Albino Forquilha(FOMICRES)/木下忠親(連帯労働者組合)/安田夏幸(連帯労働者組合)/安田信子(連帯労働者組合)/嘉陽ひろ子(連帯労働者組合)/星野まり子(連帯労働者組合)/安藤勇(イエズス会社会司牧センター)/柴田幸範(イエズス会社会司牧センター)/ビンセンテ・ボネット(上智大学名誉教授)/山田經三(上智大学名誉教授)/光延一郎(上智大学教員)/小山英之(上智大学教員)/ホアン・アイダル(上智大学教員)/バンバン・ルディアント/ハインリッヒ・ヨキエル/柴田潔/中井淳/中村訓子(ほしのいえ)/細野秀太郎(渋谷区民)/永田淳(書店)/内山智絵(東京都地域精神医療業務研究会)/大竹香奈子(女性ユニオン東京)/杉田真衣(大学院生)/倉戸ミカ(横浜YWCA会長)/本山央子(アジア女性資料センター事務局長)/佐藤斉華(帝京大学・講師)/張領太(在日朝鮮人)/佐藤零郎(闘う映画監督見習い)/安福奈津子(旅人)/小野等/ナニボウ(ミュージック)/よしだぽん太(ライター)/くま(NPO)/浦田晴夫(路上と大学をむすぶ有志連絡会)/LEBLANC Yann(Student)/LALEV Philille(ARTIST)/眞部猪一(会社社長)/柳田亮(ヘルパー)/廣川沙羅(図書館員)/廣川暁生(学芸員)/伊藤みどり(働く女性の全国センター)/齋藤草(美大生)/鶴見済(ライター)/桑畑洋一郎(大学院生)/内野端樹(アナーコパンクス)/青柳行信(NGO人権・正義と平和連帯フォーラム・代表)/小浜富美代(カトリック修道女)/佐藤斉華(帝京大学・講師)/本山央子(アジア女性資料センター事務局長)/倉戸ミカ(横浜YWCA会長)/杉田真衣(大学院生)/大竹香奈子(女性ユニオン東京)/前田年昭(編集・校正者)/高木澄子/原口剛/篠崎智子/以上307名(非公開92名) ●賛同団体 Urban Poor Associates (Philippine)/Shelter for the poor (Bangladesh)/Habitat International Coalition/Four Regions Slum Network (Thailand)/都立文京高校定時制の退学処分を絶対許さない会/釜ヶ崎医療連絡会議/Habitat International Coalition (Chile)/FOMICRES (Mozambican Force for Crime Investigation and Social Reintegration) /NPO法人 神戸の冬を支える会/夜回り三鷹/笹島診療所/釜ヶ崎パトロールの会/高齢者特別就労組合準備会/山谷労働者福祉会館活動委員会/日雇全協山谷争議団/反失業闘争実行委員会/在日アジア労働者と共に闘う会/イエズス会社会司牧センター/フードバンク/ほしのいえ/反失業闘争実行委員会/東アジア反日武装戦線への死刑・重刑攻撃とたたかう支援連絡会議/統一獄中者組合/東京拘置所のそばで死刑について考える会(そばの会)/以上23団体

2008年7月24日木曜日

記者会見のお知らせとお願い

7月30日(水)午後1時から宮下公園で記者会見を行います。 そこで、記者会見に向けて、皆様からメッセージを広く募りたいと思います。 いただいたメッセージは、会のブログや記者会見資料などに使わせていただきます。 ナイキ公園に反対する声を届けるため、ぜひご協力をお願いいたします。 メッセージは記者会見前日の7月29日(火)まで募集します。 以下のフォーマットにご記入の上 miyashita@riseup.net までお送りください。 (件名に「メッセージ」とお書きください。) ---ここから---------------------------------------------------- お名前/団体名: 公表可否: ※公表不可の場合はメッセージのみ公表させていただきます メッセージ: ※一言でもよいのでぜひお願します! ---ここまで---------------------------------------------------- また、当日の記者会見はどなたでもお越しいただけます。 記者会見の詳細はこちら: http://jack-in-the-box.upper.jp/stopnike/shoecase/080730pr.pdf ご関心のある方は、ぜひ miyashita@riseup.net までご一報ください。 よろしくお願いいたします。

第7回「守る会」寄り合い+第2回夏まつり実行委員会のお知らせ

■第7回 みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会 寄り合い 30日の記者会見に向けて準備をしています。請願署名も作成中です。 この問題について、みんなでアイディアを出し合ってみませんか? どうぞお気軽にご参加ください。 日程:7月25日(金) 時間:19:00~20:00 場所:東京都児童館入口前 地図:http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/jidou/shisetsu/riyou.html#2 ■第2回夏まつり実行委員会 8月に開催する夏まつりに向けての2回目の集まりです。 「公園はみんなのもの」――企画から一緒に考えていきましょう。 ぜひ奮ってご参加ください。 日程:7月25日(金) 時間:20:00~21:00 場所:東京都児童館入口前 地図:http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/jidou/shisetsu/riyou.html#2

2008年7月23日水曜日

第一回 夏まつり実行委員会 議事録

2008/07/18「夏まつり実行委員会」第1回会議 ■夏まつり 従来の夏まつり・・・炊き出し、屋台、コンサート、アルミ缶つぶし競争、カラオケ、将棋コーナー、盆踊りなど。野宿者はアルミ缶を持ってきて、屋台券と交換。 今年は: ・ブース形式で、誰でも参加できる自由な空気を。同時進行でいろんな人がいろんなことをやっているイメージ。ワークショップ、屋台、展示、コンサートなど。 ・今までの野宿者中心の夏まつりをベースにしつつ、渋谷区民を始め広く参加を呼びかける。 ・日本銀行券を使わない、宮下の通貨、物々交換で成り立つ空間。 ・簡易ステージをつくる。演奏ができて、映像が流せるような舞台。 ・音楽イベント一辺倒ではなく、メインの時間帯には宮下公園の問題を中心とした、あるいは仲間が中心になった何か(リレートークなど)を行う。 ・宮下公園のナイキ化問題が分かる展示パネルを作成。 ・ナイキ本社前行動のビデオを編集。 ・大阪・長居公園の「大輪まつり」や強制代執行に対する芝居による抵抗の映像を紹介。 まつりのコンセプト案 ・「公園はみんなのもの」 ・実行委の「Keep It Miyashita」よりも広いキャッチコピーを。 ・視覚的に訴えるため、横断幕や宮下の通貨に入れる? →夏まつり実行委呼びかけビラを作成。広範に呼びかけを。 ■次回予定 7月25日(金) 20時~21時 夏まつり実行委員会 会議 東京都児童会館入り口前 http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/jidou/shisetsu/riyou.html

第六回 みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会 議事録

2008/07/18「みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会」第6回会議 ■週間報告 7月9日のナイキ本社申し入れ行動に対してナイキから郵送で返答あり。「提案をさせて頂いていることは事実でございますが」「確定事項としてお知らせを差し上げられる内容はございません」とのこと。記者会見で、この返答をナイキの意見として公表する。 ■記者会見 7月30日(水)13時より宮下公園で記者会見を行う。 →詳細はブログにアップ ■請願署名 請願署名の趣旨文を検討 ■次回予定 7月25日(金) 19時~20時 守る会 会議 東京都児童会館入り口前 http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/jidou/shisetsu/riyou.html

2008年7月22日火曜日

ナイキからの回答+申し入れ書

7月9日にナイキ本社に提出した申し入れ書に対してナイキから回答が届きました。まずは全文を公開します。 ----------------------------------------------------------------------
2008年7月16日
みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会 都庁行動を闘う全都野宿労働者実行委員会 渋谷・野宿者の生活と居住権をかちとる自由連合 代表者殿
株式会社ナイキジャパン
前略  2008年7月9日付で貴団体が持参された「申し入れ書」につき、弊社は、渋谷区に対し宮下公園に関するご提案をさせて頂いていることは事実でございますが、現在、渋谷区にご検討を頂いている状況で、現時点において確定事項としてお知らせ差し上げられる内容はございません。  今後お知らせすべき事項等が出て参りました場合には、その内容につき、しかるべき方法によりまして公表致します。  また、その他のお尋ねの事項につきましては、弊社と致しましてお答えを差し上げるべき立場にはございませんので、恐縮ながらご返答は控えさせて頂きます。  以上、ご返答を申し上げます。
不一 ご連絡先:株式会社ナイキジャパン PRチーム 竹澤 03-5463-3300(代表)
---------------------------------------------------------------------- 申し入れ書はこちらです。 ----------------------------------------------------------------------
申し入れ書
2008年7月9日
ナイキジャパン代表取締役 殿
みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会 都庁行動を闘う全都野宿労働者実行委員会 渋谷・野宿者の生活と居住権をかちとる自由連合                   (連絡先)東京都渋谷区東1-27-8-202                      電話・FAX 03-3406-5254 携帯電話 080-3127-0639
 東京都渋谷区にある宮下公園において、現在、全面改修計画が進められていると一部マスコミにより報じられた。渋谷区役所の土木部公園課課長によると、「改修計画は水面下の状態で具体的なことが決まっていないのでお知らせできない」という。宮下公園で野宿生活を余儀なくされている野宿者や、区民、公園の利用者に全く知らされていない状態で計画が進められていることは確実である。  この計画の概要は次のようなものである。貴社が総事業費4億5千万円を投じ、スケードボード場とカフェなどを新設する。利用者から使用料をとり、運営費に振り分ける。管理上、公園の周囲をフェンスで囲い、夜間施錠する。また、貴社が公園の命名権を5年間1億5千万円で渋谷区から購入し、ナイキ公園に名称を変えるとの情報も得ている。  私たちは以下の理由から、この計画に反対する。 1.宮下公園は20年以上にわたり、野宿者が生きるための寝場所として機能してきた。テントをはることでアルミ缶回収や日雇い労働など収入をえて、野宿者同士は助け合って命をつないできた。計画が実行されれば、野宿者は生活の場を奪われ、存在そのものが脅かされることになる。 2.この計画によれば、宮下公園はスポーツ愛好家だけの場所として変質することになる。本来、誰もが能動的に、自由に利用することのできる公共性の高い空間が、一企業が利益をえるための商業スペースに変わってしまう。この計画では利用料を払うことができない場合や、ちょっと一休みするためには、利用できない公園になってしまう。また宮下公園は、長年にわたり市民運動の集会所などとして利用されてきたが、その表現の場が奪われることになる。 3.この計画は、渋谷区長と一部の区議会議員がトップダウンで強引に進めているといわれている。区議会や都市審議会でも諮られず、命名権を購入する企業の募集もない。なぜ貴社との独占的な契約が結ばれるのか不明瞭である。また、今回のように公園の機能が変化する計画をすすめるにあたっては、計画者側が、区民や広く公園利用者と意見交換をし、民主的な手続きをふむ社会的責任があると考える。  私たちは以下の点について申し入れる。 1)計画の全容について明らかにせよ。 2)私たちがこの計画に反対する理由としてあげた上記3点について、貴社の見解を示されたい。 3)回答は文章形式とし、一週間以内に連絡先まで郵送すること。
以上
----------------------------------------------------------------------

共同声明の賛同が275人(団体含む)に!

おかげさまで、宮下公園をナイキ化計画から守るための共同声明への賛同が、253名(個人)と22団体になりました!ご協力ありがとうございます。共同声明の一次締め切りを、7月20日(日)から7月29日(火)に延長しました。引き続きご支援をお願いいたします。 ■宮下公園をナイキ化計画から守るための共同声明 http://minnanokouenn.blogspot.com/2008/07/blog-post.html ■7月22日(火)現在の賛同個人・賛同団体はこちら: (お名前を一部書き起こせなかった方がいらっしゃいます。自分の名前がない!という方は、大変申しわけありませんが、ご一報いただければ幸いです。) ●賛同個人 小倉利丸(大学教員)/松原明(ビデオプレス)/内田眞人(会社員)/鈴木園巳/丸橋修二(会社員)/下川雅嗣(上智大学教員)/安藤丈将/日野正美(電通労組)/鶴田(DP研)/江上賢一郎(学生)/首藤久美子/橋本陽介/池田幸代/米谷匡史(東京外大教員)/高橋梓(東京外大院生)/申知瑛(東京外大院生)/堅田香織里(学生)/浜邦彦(早稲田大学教員)/清水知子(筑波大学)/大野英士(早稲田大学他教員)/今岡雅依子/大林智(編集)/二木信(ライター)/渡辺英治(院生)/早尾貴紀(非常勤講師)/本宮康博(Attac Japan)/三輪俊子/関根史和/鳥羽みさを/高野聡/山本アンナ(保育士)/北嶋教行/八木航/橘優子/中野英幸/野村洋子/茂住衛/児島博樹(大学院生)/荻野浩毅(学生)/武藤康平(学生)/谷口清彦(院生)/久保田光盛(金光教職員)/吉住亜矢/大谷崇(大学非常勤講師)/樫村愛子(大学教員)/山下敦/田崎英明(立教大学教員)/五井健太郎/氏家芙由子/戸田和博/植田那美(研究員)/藤井枝里/萬屋真澄(団体職員)/岩下結(会社員)/北浦学(会社員)/竹内絢(NGO職員)/石丸敏子(アルバイト)/佐藤憲一(WPN 盗聴法に反対する市民連絡会)/井形和正(一橋大学大学院生)/いちむらみさこ(エノアール)/遠藤学(宮下梁山泊会長)/国富建治(反安保実)/小川哲生(246表現者会議発起人)/植松青児(労働者)/久保田光盛(宗教家)/木谷公士郎(司法書士)/松本真紀子(連連影展FAV)/小暮康久(イエズス会社会司牧センター)/栗田隆子(有限責任事業組合フリーターズフリー)/穂坂光彦(日本福祉大学教員)/湯浅誠(NPO法人自立生活サポートセンター・もやい事務局長/反貧困ネットワーク事務局長)/伊従直子/Teodoro R. Anana(Urban Poor Associates)/星将隆(三多摩野宿者人権ネットワーク代表)/ルセンコ・レイナ/藤本/橋本正彦(生・労働運動ネット)/大地実(レイバーネット日本)/小島正之(部落史研究者)/川音勉(沖縄文化講座)/井田一郎(関東連帯ユニオン)/勝間田翔(フリーター全般労組GSU)/八木航/攝津正(PAFF)/勝邦宏(中野夜回りの会)/あらし/一之瀬望(ケースワーカー)/嶋田頼一(労働者)/樋口拓郎(キッチン・アクティビスト)/中條千晴(フリーター)/中條真人(フリーター)/中條千尋(教職員)/中條吉博(教職員)/山口直(連帯労働者組合)/中島千枝子/山田(黒い旅団・団長)/都立文京高校定時制の退学処分を絶対許さない会/中野由紀子(旗旗舎・東京)/楠木信浩(団体職員)/久保田光盛(宗教家)/森本幸恵/荒川博(建設業)/八木雅一(建設業)/水本政近(建設業)/柳藤矢(建設業)/熊田操/田野新一(学生)/おがわ しょうた(学生)/藤井光(現代美術家)/コノウラミツタカ(観光左翼)/松井優樹(アーティスト)/西池恵美子(会社員)/金子大悟(246表現者会議)/田坂博子(processart)/高橋健一(無職)/佐久間直(無)/武盾一郎(現代美術作家)/原島康晴(編集者)/金子憲二(アニメーション背景美術)/中郡千尋(派遣社員)/Daniel Cairns(Beihang University)/Choi Gangman(Publisher)/小川恭平(キョートット出版)/しばこ(介助労働者)/石崎(フリーター)/松田景子(フリーター)/大橋光則(フリーター)/藤原夏来((株)ぷらん・にじゅういち)/阿部浩一(NGO職員)/京極紀子(元渋谷区民)/猪瀬浩平(見沼・風の学校事務局・明治学院大学教員)/Jeff Wong(Four Regions Slum Network)/木村正人(早稲田大学)/渥美昌純(渋谷区民)/山口創一(連帯労働者組合・ジャレコ)/菊池淳司(連帯運動者組合・ナトレーザ)/大谷久(連帯労働者組合・大道測量)/森(教育社労働組合)/坪田忠之(連帯労働者組合)/萬崎利枝(連帯・声の教育社)/長谷川幸枝(教育社労働組合)/和泉亮(書籍輸入)/松丸健二(原発いらない!ちば)/宮地香奈(会社員)/鈴木隆弘(大学教員)/大谷隆夫(日本キリスト教団牧師)/柏原登希子(ふぇみん編集部)/大束愛子(ふぇみん)/辻田之子(金城実事務局)/菅原充子/斎藤貴男(ジャーナリスト)/秋本陽子(中野区在住)/中島雅一(ウリージャパン)/西口陽子(会社員)/中桐康介(長居公園仲間の会)/藤井克彦(ソーシャルワーカー)/佐藤修三(三多摩自由労働者組合)/Albino Forquilha(FOMICRES)/木下忠親(連帯労働者組合)/安田夏幸(連帯労働者組合)/安田信子(連帯労働者組合)/嘉陽ひろ子(連帯労働者組合)/星野まり子(連帯労働者組合)/安藤勇(イエズス会社会司牧センター)/柴田幸範(イエズス会社会司牧センター)/ビンセンテ・ボネット(上智大学名誉教授)/山田經三(上智大学名誉教授)/光延一郎(上智大学教員)/小山英之(上智大学教員)/ホアン・アイダル(上智大学教員)/バンバン・ルディアント/ハインリッヒ・ヨキエル/柴田潔/中井淳/中村訓子(ほしのいえ)/以上253名(非公開76名) ●賛同団体 Urban Poor Associates (Philippine)/Shelter for the poor (Bangladesh)/Habitat International Coalition/Four Regions Slum Network (Thailand)/都立文京高校定時制の退学処分を絶対許さない会/釜ヶ崎医療連絡会議/Habitat International Coalition (Chile)/FOMICRES (Mozambican Force for Crime Investigation and Social Reintegration) /NPO法人 神戸の冬を支える会/夜回り三鷹/笹島診療所/釜ヶ崎パトロールの会/高齢者特別就労組合準備会/山谷労働者福祉会館活動委員会/日雇全協山谷争議団/反失業闘争実行委員会/在日アジア労働者と共に闘う会/イエズス会社会司牧センター/フードバンク/ほしのいえ/反失業闘争実行委員会/東アジア反日武装戦線への死刑・重刑攻撃とたたかう支援連絡会議/統一獄中者組合/東京拘置所のそばで死刑について考える会(そばの会)/以上23団体

2008年7月16日水曜日

第五回 みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会 議事録

2008/07/11「みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会」第5回会議 ■週間報告 ・7月9日(水)のナイキジャパン社前行動の報告。 応援に駆けつけた労働組合や障害者運動の方々も含めて総勢60名以上の人々の前で、ナイキの広報担当者に「申し入れ書」を渡す。1週間以内に文書での回答を要求する。通行人も多く、300枚用意したビラもあっと言う間にはけてしまう。NHKとフジテレビが取材にくる。 ・マスコミ報道についての報告。東京新聞(7月8日朝刊)に掲載。週間金曜日、インパクションにも掲載の予定。 ・渋谷サミットG∞の報告。 ・渋谷区の住民の方々への接触の可能性を追求中。 ■共同声明について ・集約状況。日増しに賛同が増えている。現在150人以上の賛同。引き続き呼びかけ。 ■請願署名について ・今後、署名活動を進めていく上での留意点を確認する。署名はあくまでも「みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会」として行うが、集約その他の役割は分担していく。 ・賛同締切の7月20日以降にまでには、直ちに署名活動に入れるようにする。 ・「守る会」全体での街頭署名活動日時については来週以降に検討。 ■ブログ関係 ・「会の性格」について会議上で決定、ブログに掲載■街頭ビラまき(第一回街頭ビラまき) ・当日18:00より、明治通り沿いのビックカメラ前の交差点付近で行う。18:45頃(終了間際)に警官から「苦情が出ているのでやめるように」と中断させられる。次回街頭ビラまきの場所は要検討。 ■記者会見 ・7月23日(水)13:00より宮下公園を予定。 ・記者会見WGを作り、詳細はWGで詰めていく。 ■宮下公園夏祭り ・日時8月23日(土)24日(日)の2日間を候補とし、「宮下公園夏祭り実行委」を中心に準備を進めていく。 ・次回7月18日(金)19:00~の会議は実質的に第1回夏祭り実行委の会議とする。 ・コンセプトとして出来るだけ広い範囲に呼びかけての夏祭りを目指す。例えば宮下町内会や、商店街などにも呼びかけ、区民も参加できるような内容のものを目指す。メインステージのほか多くのブースでの同時進行などの形式を検討する。 ■キャッチフレーズ ・いくつかの可能性について議論があったが、最終的にはポジティブなフレーズの「Miyashita, keep on(宮下公園を存続させよう!)」が選ばれた。ただし、英語だけでは意味が伝わらない可能性もあり、日本語の(宮下公園を存続させよう!)と合わせて表記することに決定。 ・上記キャッチフレーズの文字ロゴ(デザイン)についても検討。 ・今後はこのキャッチフレーズで、ブログ冒頭の記載、Tシャツやバッジ、横断幕などを作成していく。 ■オフィシャルマスコット ・ポジティブなキャッチフレーズとの整合性もあり、ネガティブなメッセージをもつStop NIKE やBoycott NIKEのマークは「守る会」のオフィシャルマークとしてブログなどの前面には出さないことを決定。 ・「Just Do i teうなぎ」をブログにアップする。 ■次回予定(第一回夏祭り実行委員会会議) ・7月11日(金)19時~21時 東京都児童会館入り口前http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/jidou/shisetsu/riyou.html

2008年7月14日月曜日

「みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会」とは?

「みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会」とは?

■会の発端
2008年5月中旬、渋谷区にある宮下公園をナイキ社という一企業が占有する計画が進められていることが明らかになりました。ナイキ公園化計画に疑問をもつ有志が集まり、6月13日に会を立ち上げました。
■会の目標
 みんなの宮下公園をナイキ化計画から守ること。

■会が共有する基本点
・本来、誰もが自由に使えるはずである公園が、ナイキ一社の商業スペースに変質してしまうこと。
・宮下公園は長年にわたり市民団体の集会場などとして利用されてきており、表現の自由が一方的に奪われること。
・渋谷区長と一部の区議会議員のトップダウンでこの計画が進められていること。渋谷区民や公園利用者に知らされず、区議会や都市計画審議会にも諮られていない。民主的な手続きを踏んでいない。

■会の性格
・会の目標と基本点を共有する団体および個人により構成されます。
・一つの団体や一人がイニシアチブをとるのではなく、参加者全員が並列な関係でつながるものとします。
・それぞれが自由に企画を持ち込んで活動することにより、会を積極的にアピールすることを奨励します。

共同声明への賛同が195人(団体含む)に!

宮下公園をナイキ化計画から守るための共同声明への賛同が190名(個人)と5団体に増えました! 共同声明の一次締め切りは、7月20日(日)です。引き続きご友人や知人にも呼びかけをお願いいたします。 ■宮下公園をナイキ化計画から守るための共同声明 http://minnanokouenn.blogspot.com/2008/07/blog-post.html ■7月14日(月)現在の賛同個人・賛同団体はこちら: (お名前を一部書き起こせなかった方がいらっしゃいます。自分の名前がない!という方は、大変申しわけありませんが、ご一報いただければ幸いです。) ●賛同個人 小倉利丸(大学教員)/松原明(ビデオプレス)/内田眞人(会社員)/鈴木園巳/丸橋修二(会社員)/下川雅嗣(上智大学教員)/安藤丈将/日野正美(電通労組)/鶴田(DP研)/江上賢一郎(学生)/首藤久美子/橋本陽介/池田幸代/米谷匡史(東京外大教員)/高橋梓(東京外大院生)/申知瑛(東京外大院生)/堅田香織里(学生)/浜邦彦(早稲田大学教員)/清水知子(筑波大学)/大野英士(早稲田大学他教員)/今岡雅依子/大林智(編集)/二木信(ライター)/渡辺英治(院生)/早尾貴紀(非常勤講師)/本宮康博(Attac Japan)/三輪俊子/関根史和/鳥羽みさを/高野聡/山本アンナ(保育士)/北嶋教行/八木航/橘優子/中野英幸/野村洋子/茂住衛/児島博樹(大学院生)/荻野浩毅(学生)/武藤康平(学生)/谷口清彦(院生)/久保田光盛(金光教職員)/吉住亜矢/大谷崇(大学非常勤講師)/樫村愛子(大学教員)/山下敦/田崎英明(立教大学教員)/五井健太郎/氏家芙由子/戸田和博/植田那美(研究員)/藤井枝里/萬屋真澄(団体職員)/岩下結(会社員)/北浦学(会社員)/竹内絢(NGO職員)/石丸敏子(アルバイト)/佐藤憲一(WPN 盗聴法に反対する市民連絡会)/井形和正(一橋大学大学院生)/いちむらみさこ(エノアール)/遠藤学(宮下梁山泊会長)/国富建治(反安保実)/小川哲生(246表現者会議発起人)/植松青児(労働者)/久保田光盛(宗教家)/木谷公士郎(司法書士)/松本真紀子(連連影展FAV)/小暮康久(イエズス会社会司牧センター)/栗田隆子(有限責任事業組合フリーターズフリー)/穂坂光彦(日本福祉大学教員)/湯浅誠(NPO法人自立生活サポートセンター・もやい事務局長/反貧困ネットワーク事務局長)/伊従直子/Teodoro R. Anana(Urban Poor Associates)/星将隆(三多摩野宿者人権ネットワーク代表)/ルセンコ・レイナ/藤本/橋本正彦(生・労働運動ネット)/大地実(レイバーネット日本)/小島正之(部落史研究者)/川音勉(沖縄文化講座)/井田一郎(関東連帯ユニオン)/勝間田翔(フリーター全般労組GSU)/八木航/攝津正(PAFF)/勝邦宏(中野夜回りの会)/あらし/一之瀬望(ケースワーカー)/嶋田頼一(労働者)/樋口拓郎(キッチン・アクティビスト)/中條千晴(フリーター)/中條真人(フリーター)/中條千尋(教職員)/中條吉博(教職員)/山口直(連帯労働者組合)/中島千枝子/山田(黒い旅団・団長)/都立文京高校定時制の退学処分を絶対許さない会/中野由紀子(旗旗舎・東京)/楠木信浩(団体職員)/久保田光盛(宗教家)/森本幸恵/荒川博(建設業)/八木雅一(建設業)/水本政近(建設業)/柳藤矢(建設業)/熊田操/田野新一(学生)/おがわ しょうた(学生)/藤井光(現代美術家)/コノウラミツタカ(観光左翼)/松井優樹(アーティスト)/西池恵美子(会社員)/金子大悟(246表現者会議)/田坂博子(processart)/高橋健一(無職)/佐久間直(無)/武盾一郎(現代美術作家)/原島康晴(編集者)/金子憲二(アニメーション背景美術)/中郡千尋(派遣社員)/Daniel Cairns(Beihang University)/Choi Gangman(Publisher)/小川恭平(キョートット出版)/しばこ(介助労働者)/石崎(フリーター)/松田景子(フリーター)/大橋光則(フリーター)/藤原夏来((株)ぷらん・にじゅういち)/阿部浩一(NGO職員)/京極紀子(元渋谷区民)/猪瀬浩平(見沼・風の学校事務局・明治学院大学教員)/Jeff Wong(Four Regions Slum Network)/木村正人(早稲田大学)/渥美昌純(渋谷区民)/山口創一(連帯労働者組合・ジャレコ)/菊池淳司(連帯運動者組合・ナトレーザ)/大谷久(連帯労働者組合・大道測量)/森(教育社労働組合)/坪田忠之(連帯労働者組合)/萬崎利枝(連帯・声の教育社)/長谷川幸枝(教育社労働組合)/和泉亮(書籍輸入)/松丸健二(原発いらない!ちば)/宮地香奈(会社員)/鈴木隆弘(大学教員)/以上190名(非公開43名) ●賛同団体 Urban Poor Associates/Shelter for the poor/Habitat International Coalition/Four Slum Network/都立文京高校定時制の退学処分を絶対許さない会/以上5団体

2008年7月9日水曜日

共同声明への賛同が148人(団体含む)に!

宮下公園をナイキ化計画から守るための共同声明への賛同が145名(個人)と3団体に増えました! 共同声明の一次締め切りは、7月20日(日)です。よろしければ、ご友人や知人にも呼びかけをお願いいたします(共同声明は転送大歓迎です)。 ■宮下公園をナイキ化計画から守るための共同声明 http://minnanokouenn.blogspot.com/2008/07/blog-post.html ■7月10日(木)現在の賛同個人・賛同団体はこちら: (お名前を一部書き起こせなかった方がいらっしゃいます。自分の名前がない!という方は、大変申しわけありませんが、ご一報いただければ幸いです。) ●賛同個人 小倉利丸(大学教員)/松原明(ビデオプレス)/内田眞人(会社員)/鈴木園巳/丸橋修二(会社員)/下川雅嗣(上智大学教員)/安藤丈将/日野正美(電通労組)/鶴田(DP研)/江上賢一郎(学生)/首藤久美子/橋本陽介/池田幸代/米谷匡史(東京外大教員)/高橋梓(東京外大院生)/申知瑛(東京外大院生)/堅田香織里(学生)/浜邦彦(早稲田大学教員)/清水知子(筑波大学)/大野英士(早稲田大学他教員)/今岡雅依子/大林智(編集)/二木信(ライター)/渡辺英治(院生)/早尾貴紀(非常勤講師)/本宮康博(Attac Japan)/三輪俊子/関根史和/鳥羽みさを/高野聡/山本アンナ(保育士)/北嶋教行/八木航/橘優子/中野英幸/野村洋子/茂住衛/児島博樹(大学院生)/荻野浩毅(学生)/武藤康平(学生)/谷口清彦(院生)/久保田光盛(金光教職員)/吉住亜矢/大谷崇(大学非常勤講師)/樫村愛子(大学教員)/山下敦/田崎英明(立教大学教員)/五井健太郎/氏家芙由子/戸田和博/植田那美(研究員)/藤井枝里/萬屋真澄(団体職員)/岩下結(会社員)/北浦学(会社員)/竹内絢(NGO職員)/石丸敏子(アルバイト)/佐藤憲一(WPN 盗聴法に反対する市民連絡会)/井形和正(一橋大学大学院生)/いちむらみさこ(エノアール)/遠藤学(宮下梁山泊会長)/国富建治(反安保実)/小川哲生(246表現者会議発起人)/植松青児(労働者)/久保田光盛(宗教家)/木谷公士郎(司法書士)/松本真紀子(連連影展FAV)/小暮康久(イエズス会社会司牧センター)/栗田隆子(有限責任事業組合フリーターズフリー)/穂坂光彦(日本福祉大学教員)/湯浅誠(NPO法人自立生活サポートセンター・もやい事務局長/反貧困ネットワーク事務局長)/伊従直子/Teodoro R. Anana(Urban Poor Associates)/星将隆(三多摩野宿者人権ネットワーク代表)/ルセンコ・レイナ/藤本/橋本正彦(生・労働運動ネット)/大地実(レイバーネット日本)/小島正之(部落史研究者)/川音勉(沖縄文化講座)/井田一郎(関東連帯ユニオン)/勝間田翔(フリーター全般労組GSU)/八木航/攝津正(PAFF)/勝邦宏(中野夜回りの会)/あらし/一之瀬望(ケースワーカー)/嶋田頼一(労働者)/樋口拓郎(キッチン・アクティビスト)/中條千晴(フリーター)/中條真人(フリーター)/中條千尋(教職員)/中條吉博(教職員)/山口直(連帯労働者組合)/中島千枝子/山田(黒い旅団・団長)/都立文京高校定時制の退学処分を絶対許さない会/中野由紀子(旗旗舎・東京)/楠木信浩(団体職員)/久保田光盛(宗教家)/森本幸恵/荒川博(建設業)/八木雅一(建設業)/水本政近(建設業)/柳藤矢(建設業)/熊田操/田野新一(学生)/おがわ しょうた(学生)/以上145名(非公開35名) ●賛同団体 Urban Poor Associates/Shelter for the poor/Habitat International Coalition/以上3団体

2008年7月7日月曜日

共同声明への賛同が132人(団体含む)に!

宮下公園をナイキ化計画から守るための共同声明への賛同が、早くも132の個人・団体から寄せられました。ありがとうございます! 下記に公開可能な賛同者・賛同団体のリストをアップします。リストは随時更新してきます。共同声明の一次締め切りは、7月20日(日)です。よろしければ、ご友人や知人にも呼びかけをお願いいたします(共同声明は転送大歓迎です)。 ■宮下公園をナイキ化計画から守るための共同声明 http://minnanokouenn.blogspot.com/2008/07/blog-post.html ■7月7日(月)現在の賛同者・賛同団体はこちら: (お名前を一部書き起こせなかった方がいらっしゃいます。自分の名前がない!という方は、大変申しわけありませんが、ご一報いただければ幸いです。) 小倉利丸(大学教員)/松原明(ビデオプレス)/内田眞人(会社員)/鈴木園巳/丸橋修二(会社員)/下川雅嗣(上智大学教員)/安藤丈将/日野正美(電通労組)/江上賢一郎(学生)/首藤久美子/橋本陽介/池田幸代/米谷匡史(東京外大教員)/高橋梓(東京外大院生)/申知瑛(東京外大院生)/堅田香織里(学生)/浜邦彦(早稲田大学教員)/清水知子(筑波大学)/大野英士(早稲田大学他教員)/今岡雅依子/大林智(編集)/二木信(ライター)/渡辺英治(院生)/早尾貴紀(非常勤講師)/本宮康博(Attac Japan)/三輪俊子/関根史和/鳥羽みさを/高野聡/山本アンナ(保育士)/北嶋教行/八木航/橘優子/中野英幸/野村洋子/茂住衛/児島博樹(大学院生)/荻野浩毅(学生)/武藤康平(学生)/谷口清彦(院生)/久保田光盛(金光教職員)/吉住亜矢/大谷崇(大学非常勤講師)/樫村愛子(大学教員)/山下敦/田崎英明(立教大学教員)/五井健太郎/氏家芙由子/戸田和博/植田那美(研究員)/藤井枝里/萬屋真澄(団体職員)/岩下結(会社員)/北浦学(会社員)/竹内絢(NGO職員)/石丸敏子(アルバイト)/佐藤憲一(WPN 盗聴法に反対する市民連絡会)/井形和正(一橋大学大学院生)/いちむらみさこ(エノアール)/遠藤学(宮下梁山泊会長)/国富建治(反安保実)/小川哲生(246表現者会議発起人)/植松青児(労働者)/久保田光盛(宗教家)/木谷公士郎(司法書士)/松本真紀子(連連影展FAV)/小暮康久(イエズス会社会司牧センター)/栗田隆子(有限責任事業組合フリーターズフリー)/Abu Rayhan(Al-Beeroonee SFP)/穂坂光彦(日本福祉大学教員)/湯浅誠(NPO法人自立生活サポートセンター・もやい事務局長/反貧困ネットワーク事務局長)/伊従直子/Teodoro R. Anana(Urban Poor Associates)/星将隆(三多摩野宿者人権ネットワーク代表)/ルセンコ・レイナ/藤本/橋本正彦(生・労働運動ネット)/大地実(レイバーネット日本)/小島正之(部落史研究者)/川音勉(沖縄文化講座)/井田一郎(関東連帯ユニオン)/勝間田翔(フリーター全般労組GSU)/八木航/攝津正(PAFF)/勝邦宏(中野夜回りの会)/あらし/一之瀬望(ケースワーカー)/嶋田頼一(労働者)/樋口拓郎(キッチン・アクティビスト)/中條千晴(フリーター)/中條真人(フリーター)/中條千尋(教職員)/中條吉博(教職員)/山口直(連帯労働者組合)/中島千枝子/山田(黒い旅団・団長)/都立文京高校定時制の退学処分を絶対許さない会/中野由紀子(旗旗舎・東京)/

第四回 みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会 議事録

2008/07/04「みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会」第4回会議 1)週間報告 ・この一週間での動きについて各参加者から報告。 2)ブログ ・宮下を守る会の紹介文(目的、性格等)を最初に載せる。 ・共同声明がどんどん後ろに流れてしまうので、一番初めにブログに来た人が見られるように工夫する。 ・この一週間でカテゴリなどができ、ずいぶん見やすくなった。今後も会の動きと同時進行で情報を発信できるブログを生かしていきたい。 3)共同声明 ・共同声明と区議会への請願署名は混乱を招くので、別々に行う。 ・共同声明賛同人は現時点で98人!オンライン、メールでも徐々に集まっている。団体にも賛同を募る。 ・有名人にも賛同をつのる。とりあえずダメもとでFAXを送ってみる。(俳優、スポーツ選手?) ・賛同をくれた方にお礼メールを送る。 ・賛同締め切りは7月20日に決定 4)記者会見 ・候補は7月23日16時から。まずは場所の確保を。 5)夏祭り ・公園を活用する活動の一つとして、宮下公園で夏祭りができないか。 ・実行委員会形式を採用。音楽、おどり、屋台、出し物など企画持ち込み可で、広範な参加を呼びかける。 ・仮日程:8月23(土)、24(日) 6)今週のアクション ・飛び入り参加OK!多くの方々のご参加をお待ちしてます。 ★7月7・8日(月火) 渋谷サミット「G∞(じーむげん)」 渋谷に集まった人たち全員が参加できて、2日間に渡ってだべる。北海道の洞爺湖サミットではなく、これが本当のサミットだ!と会食やキャンプ、デモを計画中。会合場所は随時移動するので、リアルタイムでアップされるG∞専用ブログを参照。 ★7月9日(水) ナイキジャパン本社へ申し入れ行動 のじれん、全都実、みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会の三団体が共催。 11時 天王洲公園集合 (天王洲アイル駅出てすぐ) ★7月11日(金) 街頭ビラくばり ナイキ化計画の問題を市民に伝えるために、渋谷駅周辺でビラまき。 18時 宮益坂交差点のビッグカメラ前 集合 7)次回「みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会」会議 7月11日(金)19時~21時 東京都児童会館入り口前 (街頭ビラまきからの流れ)http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/jidou/shisetsu/riyou.html

2008年7月4日金曜日

The Statement of the Coalition to Protect Miyashita Park from Becoming Nike Park(共同声明の英訳です)

■The Statement of the Coalition to Protect Miyashita Park from Becoming Nike Park The Coalition to Protect Miyashita Park from Becoming Nike Park 1-27-8-202 Higashi; Shibuya-ku, Tokyo; Japan TEL/FAX: +81-3-3406-5254, Email: miyashita@riseup.net We, volunteers from varying backgrounds, have come together to protect Miyashita Park from a plan that would turn it into a Nike park. Currently, the city is moving ahead with plans to fully renovate Miyashita Park, adding a skateboarding area and a cafe, without even notifying local residents and park frequenters. After the renovation, a fee will be charged for use of the sports facility and, it has been explained, part of this fee will be used to cover maintenance costs. The investor providing all 450 million yen of the project costs is none other than the sports apparel and accessories maker, Nike Corporation. Thus, changing the park’s name to Nike Park has become part of the plan. It is estimated that Shibuya-ku will receive approximately 150 million yen over 5 years for the naming right. We oppose the plan to make our park Nike Park for the following reasons: 1) According to the renovation plan, Miyashita Park will be converted to a park expressly for sports enthusiasts. This means that a highly public space which people have been able to freely and actively utilize up until now will be turned into a commercial space for the profit of one business. Persons who do not pay for using the park as a service, will be unable to even rest at the park. This will surely have a negative impact on society at large and generally the way in which people come together. 2) For many years, Miyashita Park has been known as a space where many citizens’ groups hold gatherings, or as a starting and ending point for local marches and events. Also, it has stood as a life-saving place where many persons forced to live on the streets can stay. This plan would unquestionably deprive groups and individuals of a space for their freedom of expression, and for their daily lives. 3) This project has been forced onto the ward by Shibuya’s mayor and a number of assemblypersons in a top-down manner. Neither the ward assembly nor the city planning council has been consulted, and almost no information can be found in materials that have been made available to the public. Also, we would like to know how Nike came to be involved in this. Nike is a corporation that gave rise to the grave problem of child labor in a number of Asian countries, with reported instances of management beating and/or molesting workers. It is highly doubtful that Shibuya-ku has undergone democratic processes so as to adequately reflect the will of ward residents with regard to this plan. Please speak out with us. Please add your name to our statement to show your support. ■Please add your name to our statement. Persons wishing to add their names to our statement should send fax or email (given below) as soon as possible with: your individual name or the name of your organization, and whether you wish to remain anonymous or not. Please understand that names that are not anonymous may be publicly viewable when the petition is distributed or posted to the internet. Persons opting for anonymity will be represented in documentation only by their total number. The Coalition to Protect Miyashita Park from Becoming Nike Park FAX: +81-3-3406-5254、Email: miyashita@riseup.net ■Please speak out against Nike Corporation and Shibuya ward. 1)Nike Japan  TEL:+81-3-5463-3300 (9:00 am-5:00 pm,Monday-Friday) 0120-500-719(only domestic call, 9:00 am-5:00 pm,Monday-Friday) FAX: +81-3-5463-3295 2)Nike Corporation (USA, World Headquarters) TEL: +1-503-671-6453 7:30 am - 5:30 pm PST, Monday through Friday E-mail : http://swoosh.custhelp.com/cgi-bin/swoosh.cfg/php/enduser/ask.php 3)Shibuya Ward FAX +81-3-5458-4900  E-mail: mayor@city.shibuya.tokyo.jp

2008年7月3日木曜日

第4回 みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会 寄り合いのお知らせ

第4回 みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会 寄り合い 当会は、先週から共同声明文を作り、賛同人・賛同団体を募り始めています。 これから、どのように運動を広げていくか、アイデアを出し合いましょう。 今後とも御注目のほどよろしくお願いします。 日程:7月4日金曜日 場所:東京都児童館入口前 東京都児童会館前の広場/渋谷区渋谷1-18-24 http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/jidou/shisetsu/riyou.html#2 時間:19:00~21:30 今回も場所の確保が適わず、宮下公園に近い美竹公園に隣接した東京都児童館入口前で会議を行います。奮って御参加下さい。 ■この問題について一緒に考えませんか? 今回の宮下公園改修計画問題について多くの方々と意見を交換し、私たちに何ができるか考えていきたいと思います。皆さんのご参加のほどをお願いします。

2008年7月2日水曜日

第三回 みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会 議事録

6/27 「みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会」第3回会議(簡略メモ) 1.前回会議の内容共有 詳細はこちら:  http://minnanokouenn.blogspot.com/2008/06/blog-post_27.html ※ 「名もなき市民の会」の6.28デモは中止→反G8関連イベントでの賛同人集めに専念 2.新たな情報共有 ・24日の『貧乏人の逆襲~タダで生きる方法』出版記念イベントで、「宮下公園は、ナイキの商品じゃ、ない―STOP NIKE」のフライヤーを配布 ・宮下公園のフットサル場について「工事のため8月から3月までA面、B面ともに使用できません」というお知らせがネット上にあった? →「8月から全面使用中止としていましたが、工期の変更により当分の間、使用できることになりました」(7月2日現在)  http://sports.city.shibuya.tokyo.jp/default.asp 3.ブログの扱い方→情報管理とプライバシーは慎重に。 ・守る会参加者や議員の名前は伏せる。不確実な情報、可能性などは基本的に公表しない。 ・会の目的は、反ナイキではなく、宮下公園のナイキ公園化阻止を広く訴えること →ナイキボイコットロゴは使わない。プロフィールにもメンバーの一致点が「宮下公園のナイキ化阻止」であることを明記。 ・ナイキがどのような企業なのかを調べ、ブログから関連サイトへとべるようにしたらどうか。 ・団体紹介、議事録、アクションなどのカテゴリー分けをして見やすくする。 ・いろんな人がいろんなことをやっているということが分かるように、「昨日このイベントでこんなビラを撒きました!」等の報告を載せていくと盛り上がりが伝わる。 4.略称案 継続審議 5.共同声明検討 ・社会一般から賛同を集め、区長、議員やナイキへ提出する。 →共同声明はこちら:  http://minnanokouenn.blogspot.com/2008/07/blog-post.html  6.具体的アクション ・反G8行動で賛同を集め、9日にナイキ本社に申入れ・抗議行動を実施。 ・渋谷区民への地道な宣伝も。 7.次回「みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会」会議 7月4日(金)19時~ 東京都立児童会館入口前  http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/jidou/shisetsu/riyou.html ふるってご参加ください!

7/9ナイキジャパン本社申し入れ行動への呼びかけ

宮下公園のナイキ公園化の計画を阻止するため下記のとおり7月9日(水)にナイキジャパン本社に申し入れ行動があります。是非多くのご参加をお待ちしています。また、ナイキジャパンや渋谷区への電話等の直接の抗議も歓迎です。是非、一緒に反対の声を上げてください。 なお、下記部分転載、転送歓迎です。 渋谷・宮下公園のナイキ公園化計画に反対の声を! 7/9ナイキジャパンに対する申し入れ行動へご参加を! ナイキジャパン本社申し入れ行動 7/9(水)午前11時 天王州公園集合(臨海線天王州アイル駅出口Bを出たところ) ■宮下公園の大改修計画が明らかに!  東京・渋谷駅からほど近い渋谷区立宮下公園。今、この公園全面にスケートボード場とオープンカフェなどを新設する大改修計画が、区民や利用者に全く知らされない状態の中で進められていることが明らかになりました。スポーツ用品大手のナイキ社が総事業費4億5千万円を投資、スポーツ施設として使用料を取って運営費にあてるというものです。さらに5年間1億5億円を渋谷区に支払い、その名を冠した「ナイキ公園」の名称変更も計画されています。 ■区長の独断?  この計画は、区長が一部の区議とともに、区議会にはかることも区民のコンセンサスも経ずにトップダウンで強引に進めています。改修によって影響を被ることになる宮下公園のテント生活者にも何の説明もなく、ただ撤去のうわさだけが流れる中で不安をかりたてています。そのような独断的な進め方で今年度中(来年3月まで)に工事を着工させようとしています。 ■公共空間から商業スペースへ?  宮下公園では、2年前にも2面のフットサル場が、区民や利用者の知らないところで設置されました。ただでさえ細長く狭い公園の中をフットサル場が占めることによって、誰もが自由に憩うことのできる場所は大幅に縮小されました。表現の場としての集会にしても人数制限によって許可されなかったという話も聞いています。そこに、今回の大改修計画です。渋谷区はフットサル場に続き、スケートボード場の設置も「青少年の健全な育成」を建て前としていますが、計画が実現すればスポーツを愛好する青少年だけしか利用できない公園になります。しかも有料でです。公園は本来、誰もが自由に利用することのできる極めて公共性の高い空間のはずです。それを一企業が利益を得るための「商業スペース」として転換しようとしているのです。公園は誰のものなのでしょうか? ■ナイキジャパンに対する申し入れ行動へご参加を!  ナイキはアジア各国における児童労働、賃金搾取で利益率97%という空前の儲けで肥え太っていったグローバル企業です。また強制猥褻、集団強姦などの犯罪行為によって2003年アメリカ連邦最高裁判所で有罪判決を受けています。そのような企業が日本で初めて公園を私物化しようとしているのです。まさに新自由主義的攻撃というべきこの計画に対して、「G8サミット」最終日の7月9日、ナイキジャパン本社への申し入れ行動のご参加を呼びます。多くの皆さんがともに反対の声をあげていただけますよう、よろしくお願いします。 【電話やメールによる抗議先】 ナイキジャパン TEL: 0120-500-719(月~金9時~17時)/FAX: 03-5463-3295 ナイキ米本社  TEL: 1-503-671-6453 Hours: 7:30 am - 5:30 pm PST, Monday through Friday E-mail Us: http://swoosh.custhelp.com/cgi-bin/swoosh.cfg/php/enduser/ask.php 渋谷区区長   FAX 03-5458-4900  E-mail: mayor@city.shibuya.tokyo.jp 【呼びかけ団体】 みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会 渋谷・野宿者の生活と居住権をかちとる自由連合(のじれん) 都庁行動を闘う全都野宿労働者実行委員会(全都実) 連絡先 080-3127-0639

宮下公園をナイキ化計画から守る共同声明

宮下公園をナイキ化計画から守るための共同声明をつくりました。 この共同声明への賛同を大大大募集中です! 賛同していただける方は個人、団体名、公表の可否、メールアドレス(非公開)、をご記入の上、下記のFAXか、Eメールにお知らせ下さい。個人名で肩書きを公表いただける場合は肩書きもお願いいたします。なお、共同声明は渋谷区やナイキにも提出します。(個人賛同の場合は、下のオンライン署名も可能です) 賛同の集約先:  「宮下公園をナイキ化計画から守る会」  FAX: 03-3406-5254  Mail: miyashita@riseup.net(メールの場合は件名に「共同声明」とお書きください)。  ※賛同一次締め切り:2008年7月20日 →7月29日に延長しました。引き続きご協力をお願いします。 ※賛同二次締め切り:2008年8月17日 ■集会等で使用するための共同声明用紙はこちらからダウンロードできます(89KB)。  http://jack-in-the-box.upper.jp/stopnike/shoecase/statement.pdf ■オンライン署名(個人賛同の場合)はこちらから:  http://form1.fc2.com/form/?id=319692 どうか私たちと一緒に声をあげてください。よろしくお願いいたします! ------------------------------------------------------------------------------------------------ 宮下公園をナイキ化計画から守る共同声明
みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会 東京都渋谷区東1-27-8-202 TEL/FAX 080-3127-0639 Mail/miyashita@riseup.net
 私たちは、様々な立場を越えて宮下公園をナイキ公園化計画から守るために集う有志の者です。  現在、渋谷区宮下公園では、全面にスケートボード場とカフェを新設する改修計画が、区民や利用者に知らされない状態で進められています。改修後はスポーツ施設として使用料をとり、運営費に振り分けるそうです。総事業費(4億5千万円)を投資するのは、大手スポーツ用品メーカーのナイキ社。その名を冠したナイキ公園という名称変更までも計画されています。渋谷区は命名権により、5年間で1億5千万円を得るとの見込みです。  私たちは、以下の観点から、ナイキ公園化計画に反対します。 (1)今回の改修計画によれば、宮下公園はスポーツ愛好家だけの公園として変質することになります。本来、誰もが能動的に、自由に利用することのできる公共性の高い空間が、一企業が利益をえるための商業スペースに変わってしまいます。サービスを購入する人以外は、一休みすることもできない。このことは、社会や人と人のつながりに深刻な影響を与えるのではないでしょうか。 (2)宮下公園は長年、市民運動の集会場やデモコースの出発、終着地点として利用されてきました。また野宿を余儀なくされた人たちが、生活の場所を確保することによって命をつないできました。今回の計画は、表現の自由や生活の場を一方的に奪うことに他なりません。 (3)この計画は、渋谷区長と一部の区議が、トップダウンで強引に進めていると言われています。区議会や都市計画審議会では諮られておらず、公開された資料にもほとんど情報がありません。また、なぜはじめからナイキ一社の名前が出ているのでしょうか。ナイキはアジア諸国での過酷な児童労働が問題化した企業であり、経営者による虐待や性的暴行も報じられています。渋谷区は計画を進める上で本当に民意を反映し、民主的なプロセスを踏んでいるのか、大いに疑問があります。  私たちとともに声をあげてください。声明への賛同をよろしくお願いいたします。