2011年5月30日月曜日

渋谷区区長と土木清掃部長に対しての警告書

2011年5月30日付けで、ホームレス総合相談ネットワークと宮下公園ナイキ化国賠弁護団より、渋谷区長と土木清掃部長に対しての警告書が出されました。

警告書

渋谷区長 桑原武敏殿
渋谷区土木清掃部長殿
2011年5月30日

 
ホームレス総合相談ネットワーク
宮下公園ナイキ化国賠弁護団
担当弁護士:戸舘圭之

 私たちは、ホームレス状態にある人々への法的支援活動を行う法律家のネットワークですが、渋谷区職員が行った以下の行為に対して、法律専門家の立場から、下記のとおり、警告いたします。
2011年4月30日午前12時ころ、渋谷区立宮下公園(「みやしたこうえん」)のリニューアールオープンに際して、渋谷区は、警察官、その他職員を多数動員し、平穏に入園しようとしたみんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会のメンバーの入園を物理的に拒絶しました。
そして、一部、公園に入ろうとしたメンバーに対して、渋谷区職員は、その意に反して所持品を検査するなどの行為に及びました。
 そもそも都市公園は、自由な公共空間として、すべての人々に開かれている場所であり、平穏に公園に立ち入ろうとしたにもかかわらず、園内への立ち入りを物理的に阻止すること自体、許されません。
 渋谷区職員による所持品検査行為は、何らの法令の根拠に基づくものではなく、プライバシーを侵害するものであり、憲法13条に違反する行為です。
 渋谷区立宮下公園については、ネーミングライツ協定それ自体に関する問題、2010年9月に公園内で生活していた野宿生活者らを違法手続により強制排除した問題(この点については、本年4月に国家賠償訴訟が提訴されています。)など多くの問題点が指摘されているところです。
 結局のところ、渋谷区職員による今回の対応は、宮下公園ナイキ化に反対する人々を公園から排除し、その言論、表現活動を封じようとしたものと評価せざるを得ません。
 私たちは、ホームレス状態にある人々に対する法的支援活動を通じて、憲法が保障する基本的人権の擁護を実践する法律家のネットワークとして、渋谷区が今回行った人権侵害行為を看過することはできません。
 よって、以上のとおり、警告いたします。

以上

2011年5月26日木曜日

4・30「みやしたこうえん」オープン-身体捜索・荷物検査・不当逮捕・夜間閉鎖、抗議情宣・申し入れ行動へ!‏‏

4月30日、渋谷区は宮下公園のナイキスポーツ施設開設に伴うリューアルオープン-夜間閉鎖を、私たちの抗議行動に対して暴力的な力でもって圧殺し、強行しました。幹部職員や大量の警察を導入し、誰でも入れるはずにもかかわらず、私たちに対して阻止線を張り、身体捜索、荷物検査といった不法・不当な職務を行い、2名をデッチ上げ逮捕してまでしてオープンする公園とは何か。
5月6日、もはや公共空間をかなぐり捨てた渋谷区に対して、4・30「みやしたこうえん」弾圧救援会が抗議の情宣・申し入れ行動を取り組みました。
当日の責任者である日置土木清掃部長に救援会の抗議声明を渡そうとしたところ、日置部長は居るのにもかかわらずアポなしを理由に顔すらださないという不誠実な態度に終始しました。

 守る会では、来週5月31日、渋谷区の身体捜索・荷物検査・不当逮捕・夜間閉鎖に対して抗議行動を予定しています。
多くの方々の参加を呼びかけます。

 日時 5/31(火) 12:00
 集合場所 渋谷区役所前時計台

呼びかけ  みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会

2011年5月23日月曜日

宮下公園の「自由と公共性」についての声明

夜間施夜錠・集会不許可の抜き打ち発表
2011年4月15日の区報や区HPにおいて「宮下公園の夜間閉鎖(22時30分まで、ただし当面は18時30分)、集会と撮影の許可を6月末までしない」ことが抜き打ち的に発表されました。
公園は、24時間だれもが利用できるべき場所です。
繁華街に近い宮下公園は、災害時においても貴重なオープンスペースです。また、昼夜を問わず多くの人が公園を緑の多い通路としても利用してきました。
有料スポーツ施設の設置で空間として狭めた上に、一部の区民からの野宿者排除などの要望を受ける形で利用時間を制限することは、著しく公園の機能の損なうものです。
また、6月末まで集会を許可しないことには、何らの根拠もありません。
「集会の場所は拡張されている」とナイキジャパンプレスリリース(2010年10月14日)の文言にあったのにも関わらず、集会の自由を軽視する姿勢は明らかです。
従来からわたしたちが主張してきたナイキ化の問題点に加えて、オープン間際に何の議論もなくこれらの決定をしたことは、渋谷区とナイキジャパンの許しがたい暴挙です。

恣意的な入場制限、荷物検査・身体検査
2011年4月30日の「みやしたこうえん」(註)リニューアルオープン時に、私たちは抗議のための「ピクニック行動」を行いました。
11時からのオープニングセレモニーは、すべての出入り口をフェンスで封鎖し、一部の関係者のみで執り行う閉鎖的なものでした。セレモニーに来園していたナイキジャパンの関係者は、わたしたちの呼びかけにも関わらず、出てこようとしませんでした。結局、ナイキジャパンは、わたしたちを含む利用者に、ナイキ化計画発覚以来一度も姿を表さず説明もしないままに、公園を改造オープンさせたことになります。
12時からの一般来園者の開場時間になるとフェンスを少し開き、スケートボードを持った人などを公園内に入れる一方で、わたしたちには「プラカードを持つな」などと言って入園させませんでした。
入園に際して、恣意的な選別を行うのはおかしいことです。さらには、一部の参加者に対しては、荷物検査や身体検査までも区の職員が行いました。これらは、不当な人権侵害です。

警察の監視と暴力
また、当日の18時ころ公園内に「NO NUKES」(反原発)のステッカーを数枚はった方が、大勢の警官に囲まれ逮捕されました。そのことに抗議をしたわたしたちの行動の参加者が、公務執行妨害により続けて逮捕されました。逮捕された方は手指の骨にヒビが入り、また複数の参加者が警察からの暴力を受け怪我をしました。
渋谷区とナイキジャパンによる「みやしたこうえん」のオープンは、警察の監視と暴力によって執り行われました。

表現の自由への抑圧
メッセージを持っていては入園できず、すぐにその場で剥がせる小さなステッカーを貼っただけで逮捕される。
本来、公園が自由な表現の場としてあることを渋谷区もナイキジャパンも理解していないようです。 たしかに当初予定していたナイキジャパンの巨大な野外広告も、「宮下NIKEパーク」との通称名も、反対の声によってナイキジャパンが取り下げました。
しかし、一企業の思惑が優先される公園では、表現も自由も企業に都合の良いように選別され管理されることがリニューアルオープンの日に露骨なくらい明らかになりました。

「みやしたこうえん」の異様な状態
「みやしたこうえん」は、一見、平和に見えるでしょう。しかし、その実状は、一部議員と区長と大企業によって適正な議論もなく計画され、野宿者の追い出しによって作られ、警察の暴力によって守られ、現在も夜間は閉鎖し施錠しています。
公園は、弱い立場の人や貧しい人をないがしろにせず、共に作り共に使うことができるものであるべきです。
現在の「みやしたこうえん」は、公園の自由と公共性を踏みにじり、利用者を選別する異様な状態にあります。

わたしたちは何度でも言います。
 みんなの宮下公園をかえせ!


         みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会  2011年5月23日

(注)宮下公園の通称名は、2009年8月27日にナイキジャパンと渋谷区が締結した「ネーミングライツ基本協定」では、「宮下NIKEパーク」でしたが、2010年10月14日のナイキジャパンプレスリリースでいきなり、これまで通り「渋谷区立宮下公園」と発表されました。マスコミ報道では、その後、3月下旬に「みやしたこうえん」としたいとナイキジャパンからの提案があったということです。しかし、協定変更については現在まで発表されていません。

2011年5月20日金曜日

「ナイキ化反対案内所(インフォセンター)」を開設しました

ナイキ化反対案内所を4月30日のリニューアルオープンの日と、5月6日のGWに、宮下公園前で開設しました。 ナイキ化反対案内所では、ナイキ化に反対するチラシとともに、ナイキ化の資料を用意しています。 お茶やお菓子も用意しています。 公園がきれいになった、というだけでは済まない、宮下公園のナイキ化の背景や現状について、両日とも来園者や通行者に訴えました。 飛び入りでアピールしてくれる人をはじめ、応援の声やチラシを受け取る方もけっこうありました。 ナイキ化反対案内所は、今後も時々、開設する予定です。

2011年5月11日水曜日

5月7日原発やめろデモ!!!!!でナイキ化問題をアピール

一万人以上が参加した反原発のデモが、渋谷で5月7日に行われました。
「みやしたこうえん」前を2回も通るコースなので、有志により、デモの応援をしました。併せて、ナイキ化の問題や、公園内に「NO NUKES」のステッカーを貼ったことによる不当逮捕(その後に、公務執行妨害のでっちあげによる逮捕)などの問題を沿道から訴えました。参加者の中には、呼応してくれる人も多く、かなりもり上がりました。
なお、このデモでもまた、不当な逮捕が起きました。
詳しくは、http://57q.tumblr.com/(5.7原発やめろデモ!!!!! 弾圧救援会)

2011年5月9日月曜日

4月30日のピクニック行動報告

11時前に、オープニングセレモニーへの抗議とナイキジャパンや区長との話し合いを求めて50名ほどで、「みやしたこうえん」に行く。まだ、すべての出入り口をフェンスで封鎖している。その前に警察官がズラリと並ぶ。完璧に封鎖状態(マスコミも排除)で、セレモニーは行われている。おなじみの渋谷区の植木基盤整備副参事や中山環境保全課長の姿も見える。セレモニーに対して抗議。公園に入れないので歩道でピクニックも始める。敷物をひいてお弁当を広げたり、お茶を飲んだり。 オープン予定の12時をすぎてからフェンスを少しだけ開き、スケボーを持った来園者は入れるが、私たちには、「プラカードを仕舞わないと入れない」「メッセージを隠さないと入れない」など渋谷区の役人と警官が入場を阻止する。手ぶらで入ろうとした参加者に対しても、身体検査、荷物検査をした。あまりの対応のひどさに、いったん引き上げることにする。
再び18時頃、夜間施錠に抗議するピクニックをするために60名で再び、「みやしたこうえん」に行く。やはり、警察官がずらりと並んでいる。今回は、プラカードなどは仕舞っていたため、渋谷区の役人もさすがに何も言えない。門の内側でピクニックを始めてすぐに、あたりに緊迫感が走った。大階段を手足を捕捉された人が運ばれていく。公園内にステッカーを貼って不当に警察官に詰問されていた人が逮捕されたらしい。当然、多くの参加者が抗議をして騒然とした中で、さらに、不当逮捕が行われた。また、警察官の暴力によって、負傷するものが出た。この不当な状況に乗じて、渋谷区は、公園を18時30分に平然と閉門した。 この件に関する私たちからの抗議声明を現在準備中です。

2011年5月3日火曜日

救援会のブログが立ち上がっています

http://430miyashita.org/ 4月30日の映像や、声明に対する賛同メッセージなどが続々と公開されています。 注目を!。
*********
宮下公園前で4/30に不当逮捕されたBさんが、本日釈放されました。 (5月11日)

2011年5月1日日曜日

救援会からの声明が届きました

「救援会声明」

 4月30日、ナイキジャパンと渋谷区のネーミングライツ基本協定に基づくナイキパーク=みやしたこうえん(ひらがな表記)がオープンしたその日に二名の仲間が「軽犯罪法違反」と「公務執行妨害」の容疑でそれぞれ逮捕されるという事件が起りました。

 数名の友人達と公園内にいたAさんは、17時40分頃、「軽犯罪法違反」の言いがかりを付けられた上に20名近くの公安警察によって取り囲まれてしまいました。そして18時過ぎに、駆けつけた仲間たちの目の前で身体を引きずられるようにして公園の外に運び出され、そのまま逮捕されてしまいました。一方でB さんはAさんを警察から助け出そうとした際に「公務執行妨害」の容疑をでっちあげられ逮捕されました。Bさんは「みやしたこうえん」のあり方と夜間施錠に対する「みんなの宮下公園をナイキ化計
画から守る会(守る会)」の抗議行動に参加していました。BさんはAさんを助けようとする中で警察から手指の骨にひびの入る暴行を受け、また複数の仲間が足の骨にひびが入るなどの怪我を負いました。

 この日の午前11時、「みやしたこうえん」の「オープニングセレモニー」がフェンス封鎖された公園の中で大勢の警察官に守られる形で行なわれました。渋谷区は「(セレモニー)参加者を限定して行なう」とし、一般利用者はおろかマスメディアの取材要請も断り、完全に閉ざされた空間で式典を終えました。12時からのリニューアルオープンでは、守る会の参加者に対しては警察を動員して閉め出し、一部公園に入った仲間たちに対しても身体捜索を強要するなど公園利用に不当な制限を加えました。

 このような公共空間とはほど遠い場所となった「みやしたこうえん」において二人の仲間が不当にも逮捕されたのです。Aさんは当日の深夜に釈放されましたが、Bさんは身柄を拘束されたままです。

 私たち「4.30『みやしたこうえん』弾圧救援対策会議」は、仲間の即時釈放を求め、渋谷区・ナイキジャパンと一体となった警察権力の暴力を徹底して弾劾していきます。

2011年5月1日          4.30「みやしたこうえん」弾圧救援対策会議



「救援対策会議からのお願い」

不当逮捕された仲間を支え、警察権力の不当性を撃つため、連帯・賛同メッセージを寄せてください。皆さんからの声が、仲間を一刻も早く取戻すための確かな社会的力になります。

●お名前(個人/団体)
●メッセージ

※お名前・メッセージの公表の可/不可をお書き添えの上、以下のメールアドレス(ファックス番号)までお送りください。

メールアドレス:contact@430miyashita.org
ファックス番号:03-3406-5254

救援対策会議では弾圧を受けた仲間を支え、いちはやく釈放させるための活動をしています。差し入れ、面会、弁護士の手配などにお金が必要です。まことに心苦しい限りですが、救援対策会議にカンパを寄せて下さい。よろしくお願いします。
※振込の際に「0430カンパ」等、お書き添えください。

銀行名:郵便振替口座
口座番号:00160-1-33429「0430カンパ」

「みやしたこうえん」のリニューアルオープンで不当逮捕

4月30日の「みやしたこうえん」リニューアルオープンにおいて、2人の方が不当に逮捕されました。
一人の方は、軽犯罪法違反の容疑(すでに釈放されました)、もう一人の方は、公務執行妨害の容疑です。


詳しいことは、続報をお待ちください。